農事組合法人きすみの営農について

名称 農事組合法人 きすみの営農
住所 〒675-1344 兵庫県小野市下来住町1867
Tel 0794-63-8454
Fax 0794-70-8565
Mail info@kisumino.jp
資本金 3,906,000円
設立 平成25年1月31日
従業員数 組合員 138名 従業員6名
圃場面積 37ha

地域の概要

きすみの地区は、小野市の南西部に位置し、一級河川加古川右岸に展開する地域です。当地区は下来住町・来住町の2町にまたがり、生活区分は組・最寄りの小割りで9つに分かれます。

県営圃場整備事業(担い手育成型)が平成8年度から施行され、平成13年度で工事が完了しました。水系はため池(男池・女池)からパイプラインで自然落差により給水する方式です。圃場区画は1haを標準とする大区画です。


組織の概要

目的 きすみの地区の農地を守るために、水稲および転作作物による水田の有効利用や加工品の開発等を行い、地域農業の活性化を図り、後継者に夢を与える農業、豊かな村づくりに取り組むことを目的とする。
組織の経緯と規模
平成10年9月26日
きすみの地区営農組合 設立・組合員199戸
平成25年1月31日
法人設立登記時の組合員127名・水田面積57haの内営農管理面積37ha
組織図

活動の内容

「二集落一農場方式」にて、組合長と組合員との間で農地利用権貸借契約の締結を行い、水稲、小麦+大豆又は小麦+そばのブロックローテーションによる効率的な土地利用型農業を実践しようとしてきましたが、水稲栽培は個人農家あるいは最寄り共同作付けに一任し、転作作物のみを営農が一元管理するようにしたため、現在のところブロックローテーションは実現できていません。

平成22年までは、オペレーター部会、加工グループ、花卉部会が事業活動をし、運営管理者は組合長以下6名の代表役員と最寄り運営委員、顧問若干名、および監事2名で構成されていました。
平成23年から運営組織を上図のように変更し、女性参画により組合員にとって開かれた運営管理に努めています。

地域と当営農との絆づくりに当初から希少生物保護用ビオトープ管理や小野市立来住小学校の行事「田んぼの学校」を通しての食育教育支援等にも取り組んでいます。


対外折衝部門 組合長及び副組合長が対応し、当営農が日々望ましい方向に着実に進んでいることを確認できるための統括的管理ができなければなりません。早目のチェックとアクションが必要と感じていますが、他にやるべきことが多く、不十分の状態です。
総務部門 これからの営農組織の体質強化には事務部門が現場部門を支えるために段取りや側面援助することが必要と考えています。作業データの整理と解析を行い、最適な労務管理、コスト管理、品質管理ができるように取組中です。
会計部門 複式簿記による会計処理により、最低でも四半期毎の損益計算をし、予算に対する未達や異常収支による期末決算での目標未達を回避できるようにPDCAサイクルを回す体制を整えていきます。
栽培部門 水稲・小麦・そばからなる3大穀物は水田の大半を利用しての栽培であり、計画的栽培を行い、工程管理を確実に実施できるようにし、収穫の安定だけでなく、品質、環境管理、人材育成の面など多くのことに前進し、農業生産のプロ意識を高める努力が必要だと痛感しています。
加工販売部門 法人化するまでは農産物のみの出荷販売、特にJAや地域内の地産地消でした。これからは県内外にも広く販売し、収益力を強化するために、6次産業化を含む加工販売を行っていきます。
機械施設部門 これまでに必要な機械を多く購入してきましたが、点検整備メンテナンス等の管理面は農機具店任せになっていましたが、今後は機械の更新費や修繕費の圧縮が損益を大きく左右すると考え、機械類を大事に使って、減価償却がゼロになっても使える状態を保つくらいにしなければ黒字体質を維持できないと思われます。

黒豆部会

平成23年から栽培を始めた丹波黒大豆は、昨年2ha程度の栽培で、JAより一級品扱いの品質のものが180kg/10a収穫できました。ただ、選別に時間を要し、栽培全工程数時間を集計した結果、利益率が悪いため、栽培工程管理を見直しし、各工程の合理化、省力化の工夫をして、採算性を改善していきます。今年も栽培面積を2haにしています。また、枝豆や小豆にも挑戦しているので、農作業要員増強も必要となります。

キャベツ部会

平成18年から平成22年までは花卉部会が毎年30〜50aの範囲で加工キャベツを栽培してきました。23年から「キャベツ部会」として取り組みましたが、栽培上の不手際があり、加工キャベツとして出荷出来なかった年もありました。今年は栽培工程管理を徹底し、順調に出荷できています。

女性部会「きすみのふぁーむ」

平成24年から野菜畑を確保し、いろんな野菜を栽培し、いろんな直売所に出荷しています。野菜の相場や栽培〜出荷販売までの全製造経費と売上収入から人件費が確保できるかを実践研修することと、地産地消と6次産業化による収益力のアップを目指しての開発試作段階は過ぎており、第2段階として将来を見据えた栽培部門と加工販売部門に区分して、当地区の特産品として喜ばれる食品を生み出すことを期待しています。

29年度作付計画(単位:a)

ヒノヒカリ 1213 山田錦 281.8
ハリマモチ 222.7 そば 1334
小麦(ふくほのか) 1004 丹波黒大豆 183.5
大納言小豆 292.8 キャベツ 53.1
いちご 2 おつな姫(枝豆) 14.9
玉ねぎ 13.9 じゃがいも 8
さつまいも 23.3 にんじん  6.4

今後の課題と取り組みについて

1. 農作物別の採算性向上に向けての経営管理体制の充実化
→ 小麦・そば・黒大豆について収穫量の安定化とコスト削減対策
2. 確保した第2倉庫用地の有効活用による、収益拡大中期計画の立案
→ 機械倉庫と農産物の貯蔵出荷場兼加工場としての整備計画推進
3. 組合長継承者の育成と男女共同参画による有形及び無形効果の促進
→ 次年度を見据えた後継リーダーを模索中